作業効率の向上 品質改善

トルク管理|作業履歴を自動保存

トルク管理、正しく行えていますか?

トルク管理とは、「適切な力で締め付けられるように、トルク値を管理すること」を指します。
締め付けが強すぎるとボルトやナットの亀裂、破損の恐れがあり、一方で弱すぎると緩みの原因となります。
また、材質の硬さなどに応じて適切なトルク値も異なるため、扱う部品の素材にも注意しなければなりません。

製品の品質や安全保証のためにも、トルク値を管理し、適切に締め付け作業を行うことが重要となってきます。
人間の感覚や勘に頼らず、正しく締め付けるために必須であるのが「トルクレンチ」の活用です。

従来のアナログトルクレンチの問題点

 

どれくらいの力で締め付けているか(トルク値)を計測するトルクレンチですが、
従来のアナログトルクレンチには問題点があります。

管理方法がアナログ

アナログトルクレンチの場合、管理方法も紙とペンでチェックというアナログ方式になります。

締め終わってからボルトにマジックで印をつけたりしていますが、
トルク値の確認というよりは「ボルトにマジックでチェックマークをつける」作業になっているのが現状です。

仮にマジックのチェックマーク漏れがあった場合、次回から第三者が目視でマジックのチェックマーク確認を行うようになり、本来の「きちんと適正トルクで締め付けたか」の確認から更に逸脱している場合も見受けられます。

また、作業の合間に行うことにより集中力の低下や、記録漏れによる再確認が発生するなど作業効率を低下させる恐れがあります。

実際に締め付けた時のトルク値は分からない

アナログトルクレンチは、作業前にトルクチェッカー等でカチッと音が鳴る時のトルク値を確認します。

しかし、実際に締め付け作業を行った際の値の計測は行っておりません。
またカチッと音がした後も、そのまま締め付けることができるため、オーバートルクになっている可能性もあります。

これでは、きちんと「トルク管理を行っている」と言うには不十分です。

→ プロレンチとデジプロマスタを組み合わせれば、これらの問題点が解決できます!

プロレンチとデジプロマスタで解決!

スムーズなトルク管理

プロレンチとデジプロマスタを使えば、トルク管理が簡単に実現します。

あらかじめ組立手順を登録し、作業者はその手順通りに作業を行います。
ネジ締め作業の時は、トルクレンチに下限上限設定が送信され、
自動でトルクレンチの設定を行います。

オーバートルクも画面やトルクレンチからの警告音でお知らせし、
締付回数に到達しない場合は次の工程に進めないようになっています。

作業履歴を自動保存

プロレンチとデジプロマスタを使えば、製造番号を入力し、作業を進めるだけで、作業履歴が自動的に製造番号と紐づいて保存される仕組みとなっています。

作業前点検時のトルク値しか分からないアナログトルクレンチとは違い、実際に締め付けている際の値や締め付け結果の測定も可能です。

他にも、以下のような作業の記録を保存することが可能です。

・製品の製造番号
・作業日時
・中断時間、内容
・ボルトの締付結果やその他計測機器で測定した結果
・各種ツールの完了信号(トルクアップ信号等々)

・部品の製造番号
・工程内検査の結果(OK、NG、実測値)
・ダブルチェックした作業者の名前
・部品のピッキング履歴
(ピッキングシステムと連携した場合)

作業履歴のデジタル化によって得られるメリット

製品の品質向上に欠かせないのがトレーサビリティ(「誰が」「いつ」「どのように作ったか」など生産から完成までのプロセスを追跡すること)ですが、当製品により作業履歴を自動保存することで、トレーサビリティのさらなる充実が実現できます。
また、履歴を取られることで作業者の意識も向上し、製品の品質向上にも役立ちます。

作業改善に効果的 ”デジプロ分析”

デジプロマスタで収集された履歴情報を手軽に集計することが可能です。
作業改善に役立てることが可能です。
エクセルで保存して、独自に分析も可能、
CSVで保存し、自社システムに読み込むことも可能です。

アドレック製品を使うと他にもさまざまな課題を解決できます!

アドレック製品を使えば、検査表や報告書の簡単作成、トレーサビリティー対応、モニターによる作業指示、野外での作業対応、PLCなどさまざまな機器と連動、作業管理工数の削減など、多くの課題を解決できるようになります。

アドレック製品

デモ機貸し出し、デモ実施などでアドレック製品をお試しいただけます

デモ機で実際の使い勝手をご確認していただくことをお勧めしております。
また訪問デモは全国どこでも参ります。

デモ機器